カテゴリー: 体験記

Home / カテゴリー: 体験記

沖縄旅行記:二日目

2019年11月18日 | 体験記 | コメントはまだありません

民泊体験②

干潮のサンゴ礁で出来た海岸で浅瀬に入り、ナマコやヒトデ、うにを触りました。最初入水した時は冷たいと感じた海水も次第に慣れ、民家の方の歩く速さにも追い付けるようになりました。

干潮で干上がったところには所々水たまりが残っており、ルリスズメダイという名前の魚の稚魚が数十匹程まとまっていました。他にもクモヒトデを見つけて魚肉ソーセージを与えたり、シャコガイを見つけたり、ナマコを見つけて触ったりしました。ナマコはなかなか触れる気になれませんでしたが触ってみたらヌメヌメしていました。ナマコ初めて見ました。

少し歩いて、ヒトデを2匹見つけてくるように言われたので、3つ(民家の方と参加者筆者含む5人だった)に分かれてその辺を探索しました。筆者が探していた方は見つける事が出来ませんでしたが、何とか2匹見つける事が出来ました。

筆者が干潮の浜辺は地面がサンゴで出来ており、シャコガイは周りのサンゴを溶かしながら大きくなるとか。

筆者が行った海岸
ルリスズメダイ
左上:ウニ、右上:ナマコ、下:ヒトデ
シャコガイ

民家に戻ったら貝を使ったキーホルダー作りをしました。中心はミサンガの様な編み方をしますが少々異なり4の字にして下糸にかけて4の字の輪の部分に下から通し、結びます。その次は左右反転させて結び目を作ります。この作業を残りの糸の長さが3センチぐらいになるまで続けます。これが終わったら軸になっている糸を玉留めし貝の中に入れます。編んでいた糸にビーズを通して玉留めしたら完成です。

編み糸部分が紅芋タルトの紅芋にしかみえない。(作った後に気が付いた)

最後に三線を民泊先の方から教わりました。三線は合乙壱四上申工五六七という特殊な音の名前をしています。きらきら星、さいたさいた、海の唄の曲を練習して民泊体験が終わりました。

砂浜

クラスメイトに水かけたり、砂浜に足埋めたり、砂城に水攻めしたり、ビーチバレーボールや鬼ごっこして遊びました。裸足でビーチバレーや鬼ごっこは結構足にサンゴ片(?)が刺さって痛くて全然走れなかったです。前、アニメでビーチダッシュで足腰を鍛えるシーンを見たので良い鍛錬になると思ったのに…(その2日後、足に筋肉痛が…)

ディナー

写真の通り鍋パ。筆者は鍋パが嫌いです。アスペルガーの症状らしいですがどれくらい食べていいのか分からないです。早食い&大食いであるのも相まってあまり食べられませんでした。

ホテル

Wi-Fiが使えてアメニティーも充実してます。ここで生活したいくらい。リゾートホテルなので品よくマナーよく振る舞わなければ。売店で水着等も売っているので忘れても問題ないですね。私は着ないけどな!部屋のベランダも広く今日の文章の大半(600字程度)をベランダで執筆しました。でも雨降ってきちゃった。(ここで大半と書いていますが後にアップロード前に500字程追加しています。)

前日

沖縄旅行記:一日目

2019年11月11日 | 体験記 | コメントはまだありません

高校生活の一大イベントといえば…修学旅行!というわけで私は今沖縄にいます。(修学旅行が沖縄なのは私が関東地方の住民だからだと思います。こちらだと定番なので。)

ひめゆり資料館

資料館の敷地内に壕があり黙祷を捧げました。

あまり見る時間がなくざっくりとしか見れませんでしたが、ひめゆりの背景について知ることができました。

糸数壕

壕というのは天然のサンゴの鍾乳洞で中で地下水でドジっ子筆者は滑り落ちて大真面目に死ぬのではと思いました。それくらい地面が滑り易かったです。

平和祈念公園

こちらも資料館(?)がありアズールレーンが好きな筆者にとっては魚雷の不発弾に目が行きました。一緒に見ていた知り合いに弾について解説してもらいました。

少し見えづらいですがこれは沖縄から世界に発信している様子を表したモニュメントです。円錐の先には炎が灯っており6月23日(沖縄戦の最高司令官が自決した日)か要人がいらっしゃった時かメンテナンスの時だけに灯るそう。どうやらメンテナンスの日だった様だ。

民泊体験①

沖縄家庭料理

突撃!隣(沖縄)の晩ご飯!というわけで今日は沖縄料理を初体験しました。

メニュー

  • ゆし豆腐
  • 海ぶどう丼
  • うりずん豆の天ぷら
  • もずくの天ぷら
  • 美ら鳥の唐揚げ
  • ひじきの煮物
  • 大根の酢漬け(ドラゴンフルーツ和え)
  • ふうちゃんぷる
  • ミミガー

ゆし豆腐

沖縄では味噌汁ではなくこうした汁ものを食べるそう

海ぶどう丼(写真の白飯)

ご飯に海ぶどうとトロロをかけた丼物。海ぶどう独特のいくらのような食感(?)が新鮮。トロロに醤油をかけて頂きました。

うりずん豆の天ぷら

アスパラガスに似た食感。

もずくの天ぷら

そのまんま。

美ら鳥の唐揚げ

違いが分からない。筆者はグルメリポートに向いてないのではないか…?

ひじきの煮物

油豆腐が入ってる。

大根の酢漬け(ドラゴンフルーツ和え)

お酒に合うさっぱりとした感じ。

ふうちゃんぷる

油豆腐が入ったビーフンの具材…?

ミミガー

関東地方でもスーパー等で販売されており、頂く事ができる。独特のカリコリとした噛みごたえのある食感が楽しめる。

サンゴの箸置き作り

晩ご飯の後は白化したサンゴをベースに琉球ガラスや貝殻を用いて箸置きを作りました。

筆者は一人飯が多いので箸置きは一つで十分かな。

次の日

南瓜の甘煮作ってみた。

2019年7月11日 | 体験記, 日記 | コメントはまだありません

唐突に始まりました。まぐろたんクッキングです。(笑)

「なんか映えるもの作ってみたい!!」という如何にも女子高校生らしい欲求が沸いたので作ってみました。ブログ書き始めて思いましたが南瓜の甘煮って渋くないか…?まあ、いいでしょう。

決して料理上手という訳ではないのであしからず。

まずわたをとります。

次に食べやすい大きさに切ります。

次に切った南瓜を鍋に入れ、南瓜が少し出るくらいまで水を入れます。

この時砂糖(上白糖)大さじ4強、醤油・塩少々入れます。

沸騰させた後中火から弱火で煮込み、色が変わる・柔らかくなるまで煮込みます。

終わったらお湯を切って盛り付けて完成。


感想

南瓜切るときに力がなかったので、ひっくり返して皮の方から切ることに気づくまでうまく切れず大変でした。最後湯切りをする時に、金網のざるを使ってしまい、最後の写真の見栄えが悪くなってしまいました。


参考サイト

https://cookpad.com/recipe/5696144

PC組み立ててみた。

2019年5月24日 | 体験記 | コメントはまだありません

最近3Dモデリングに走っていて、プログラミングの勉強をサボり、「プログラミング齧った」がタイトル詐欺になりそうなまぐろたんです。

(しかもこれ組み立てのがGW(組み立て終わったのが51)投稿日524)もっと投稿頻度上げなきゃ。あれデジャブを感じる。

今回は自作PCをどうにか組み立ててみたので書こうと思います。以下のブログをがっつり見て組み立てた為、一応組み立て方については書きましたが、わからないところがありましたら自分で調べてください。コメントは常時受けていますがあまり見ていないのでTwitterで聞いてくれると答えられます。質問した場合直ぐに返せない事が基本なので、先に自力で調べる事をお勧めします。

以下は参考にしたサイトです。

https://chimolog.co/bto-selfmade-ryzen-pc/

そのため当記事は初心者がやりがち(そもそも自分がしたミス)を含めて書きました。

目次

自作PCに用いた部品

用意するもの

体験記

自作PCに用いた部品

マザーボード(AMD対応)

CPU(AMD Ryzen7 1700)

グラフィックボード(RTX 2060 6GB)

電源ユニット(玄人志向 500w)

Window OS(10)

用意するもの

手袋

ドライバー

体験記および解説

まずマザーボードを取り出します。メモリを開封しマザーボードのスロットに差し込みます。

次にCPUの差し込み部分のロックを外します(画像の中央部分の棒を外します)その後CPUを向きを合わせて差します。三角形の目印がついているのでそれに合わせましょう。

こうなりません。

(本来CPUファンに灰色のCPUグリスというのがついていましたが、CPUのロックを外さずに差し、2回程CPUのピンを折りました。授業ではきちんとロックを一度外したので上手く行っており調子に乗っていたのが仇になりました。皆さんは気をつけましょう。())

こうなります。

ここからCPUファンを取り付けます。

力技でな。

左右に引っ掛ける部分があるので、マザーボードのCPUパーツの左右にある意味ありげな部分に引っ掛けます。

一度電源に差して起動させてみましょう。

電源ユニットから生えてるケーブルをPCケースとマザーボードに差します。PCケースへの差し方は説明書をご確認ください。

端折りましたが、画像のようになれば成功です。右端のケーブル部分は細かく分かれており、間違えやすいので気をつけてください。起動出来なかったらだいたいそれのせいです。

起動に成功したら、一旦電源ユニットを外し、マザーボードをPCケースに取り付けます。

マザーボードボードに大きめの穴があるのでそこにネジを差しPCケースに止めます。

(画像はありませんでした。ω・`))

グラフィックボード(略してグラボ)を取り付けます。

これを

こうします。(やってみてわからなかった)

流石に端折り過ぎたので解説します。

マザーボード取り付け

グラフィックボード取り付け

(の前に左側の金網を外します)

電源ユニットの電源ケーブルを差します。

(PCケースのファンにもケーブルがあるので電源ユニットのケーブルを差してあげて下さい。)

あれ、解説じゃなかった。

SSDもそれっぽい場所につけてあげて下さい。マザーボードのケーブルを差す場所は、

ここです。

あとはグラフィックボードにモニターのHDMIケーブルを差して起動してください。

マザーボードじゃないよ!グラボだよ(重要。やらかした。)このパズルのごとく嵌りそうなキャップをとって差してください。

こうなれば成功だぜ。(画像はWindow ライセンスを差した場合の画面です。最初はBIOS の設定画面になります。)

順番が入れ替わってしまいましたが、これにWindowsOSが入っているのでPCに差してインストールしてください。あとは画面の表示通りに進んでいけば大丈夫です。

お疲れ様でした。

まぐろたん

Twitter

https://mobile.twitter.com/namyu15

YouTube

https://m.youtube.com/feed/my_videos

基本情報技術者試験 受験記

2019年5月2日 | 体験記 | コメントはまだありません

投稿ペース月一で定着しつつあることに不安を感じるまぐろたんです。こんにちは。

今回は最近基本情報技術者試験という国家資格試験を受けたのでその概要と試験について書きます。

目次

基本情報技術者とは?

どのような試験か?

私が受験の際に使用した教材

私が失敗した点

基本情報技術者試験を受けるメリット

基本情報技術者とは?

前書きにも書いた通り、情報系の国家資格になります。

教科書曰く「高度IT人材となるために必用な基本知識および技能をもち、実践的な活用能力を身につけた者」(1)とあります。簡単なプログラミング技能と上位者の元、システム開発にできる人材のようです。

どのような試験か?

試験日程は春期と秋期、試験自体は午前と午後に分かれており、どちらも80点満点で採点されます。合格基準は午前午後ともに6割を取ること。合格率は28.9%(平成30年度春期)とやや難しい試験となっています。受験費用は5,700円になります。

情報系の学生やこの試験より簡単なITパスポートを受けた事がある方はそこまで難しくはないのですが、情報系未経験だと少し厳しいかもしれません。そういった方は先にITパスポートを受けることをお勧めします。(今度そちらの方についても記事をあげておきます)

私が受験の際に使用した教材

受験に使用した教材が2種類あるので紹介します。

・基本情報技術者教科書(著者:月江伸弘)(1)

午前試験について網羅している教科書です。分かりやすさよりも試験範囲を網羅することに重点を置いている印象を受けました。専門書等を読みなれない方にとっては辟易してしまうかもしれませんが図や表を用いて説明している部分もありますので読めなくはないと思います。

・改訂新版 基本情報技術者 らくらく突破Java

Javaの本です。私が読んだ本は2010年のものですが新しいシリーズも出ているので、そちらの方の参考になれば幸いです。この本は携帯電話のプログラムを話題にプログラムを習得します。個人的には全くのプログラミング経験には少し手厳しい印象を受けました。私の場合は後半から理解が追いつかなくなり章末問題もほとんど解けませんでした。この本の前書きにもありますが、プログラミングは実際に手で入力して初めて習得できると思います。私の場合は時間がなく、急いで勉強しようとして頭だけで理解しようとし、結果身につかず、点数を取ることができませんでした。あとで実際にアプリを作ろうとしましたが全く身になっておらず、勉強をやり直すことになりました。

私が失敗した点

午後試験に出題される擬似言語の勉強をしなかったことです。上記の教材には擬似言語について勉強することができず、試験当日の朝に初めて午後試験の過去問を解いて絶望に突き落とされました。Javaの方は慌てて二週間前くらいから勉強しだしたために全く身になっておらず、当日解いた過去問では20点(80点満点)ほどしか取れず合格点(6割)には程遠い状態で試験に臨んでしまいました。

基本情報技術者試験を受けるメリット

2020年の春期試験からは午後試験のプログラミング言語問題の選択肢にPythonが追加され、プログラミング言語を学習する上で動機付けが出来るかと思います。他にも、システムの開発の仕方、システムという商品としての考え方など会社で役に立つ知識が色々あると思います。(私は学生であるため、信憑性は低いですが)

終わりに

これを読んで、「JKが受験出来るのだから自分も受験出来る!」と少しでも思っていただけたら幸いです。実際に受験会場に行ったところ、私の二席後ろが小学生くらいの男の子だったので、英検(?)と同じくらいとはさすがに言えませんが、それぐらいの感覚で受けてみてもいいかと。つまり資格の受験に年齢は関係ないという事です。