アズールレーン 伊吹 宴のかざばなを模写してみた。Part3

アズールレーン 伊吹 宴のかざばなを模写してみた。

今回は色塗り(肌)をしました。

前回までの進捗

今回新しく購入した本

今回の色塗りはこの本の「ギャルゲ塗り」というのを参考にしています。(画像の上から二番目)

今回線画が終わった時点でこの本をポチリ、「この本を読んでやろう」と決めていたので届くまでの間、頻繁に配達状況を確認していました。

今の段階で「買ってよかった。絵を描くということの世界観が変わった。」と思ったのでお勧めです。

今回の進捗

今回やった事

下塗り・落ち影・影1・影2のレイヤーをそれぞれ作り、下塗りは基本色で「他レイヤーを参照」して塗りつぶしを行いました。

その上に、落ち影レイヤーを「下のレイヤー(下塗り)をクリッピング」し服や頭によって生まれる影を描きました。

次に影1に膝や肌の影を描きます。

その次に影2にわきや関節などにふんわりと影1に近い色で塗りました。

進捗

膝の影の書き足しなど修正を行いました。

どの色を塗っている最中も思いましたが、線画がガバガバ過ぎて左肘関節がなかったりしました。

書きたしちゃったよ。もう。

感想

本を一読した上で、本を見ながら元絵に基づいて模写を行いました。

ソフト(クリスタ)を買った時から「このソフト沢山レイヤー分けするんだろうな」と漠然と考えていましたが、自分でやってもそうはせず、この本を読んで沢山レイヤー分けしたのは新鮮でした。

後、今回の記事は文多め(当ブログ比)画像大きめに作成しましたがどうでしょうか?

今まで当ブログに類似するブログは読んだことがなかったのですが、類似するブログを読んで「こういうブログでもこんなに書かなきゃいけないんだ」と感じ文を増やしてみました。

以下そのサイトのリンク

「ZBrush」の記事一覧
YZPハウスの「ZBrush」についての投稿一覧です。

文字たくさん打って眠い。今回はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました