PC組み立ててみた。

Home / PC組み立ててみた。

PC組み立ててみた。

2019年5月24日 | 体験記 | コメントはまだありません

最近3Dモデリングに走っていて、プログラミングの勉強をサボり、「プログラミング齧った」がタイトル詐欺になりそうなまぐろたんです。

(しかもこれ組み立てのがGW(組み立て終わったのが51)投稿日524)もっと投稿頻度上げなきゃ。あれデジャブを感じる。

今回は自作PCをどうにか組み立ててみたので書こうと思います。以下のブログをがっつり見て組み立てた為、一応組み立て方については書きましたが、わからないところがありましたら自分で調べてください。コメントは常時受けていますがあまり見ていないのでTwitterで聞いてくれると答えられます。質問した場合直ぐに返せない事が基本なので、先に自力で調べる事をお勧めします。

以下は参考にしたサイトです。

https://chimolog.co/bto-selfmade-ryzen-pc/

そのため当記事は初心者がやりがち(そもそも自分がしたミス)を含めて書きました。

目次

自作PCに用いた部品

用意するもの

体験記

自作PCに用いた部品

マザーボード(AMD対応)

CPU(AMD Ryzen7 1700)

グラフィックボード(RTX 2060 6GB)

電源ユニット(玄人志向 500w)

Window OS(10)

用意するもの

手袋

ドライバー

体験記および解説

まずマザーボードを取り出します。メモリを開封しマザーボードのスロットに差し込みます。

次にCPUの差し込み部分のロックを外します(画像の中央部分の棒を外します)その後CPUを向きを合わせて差します。三角形の目印がついているのでそれに合わせましょう。

こうなりません。

(本来CPUファンに灰色のCPUグリスというのがついていましたが、CPUのロックを外さずに差し、2回程CPUのピンを折りました。授業ではきちんとロックを一度外したので上手く行っており調子に乗っていたのが仇になりました。皆さんは気をつけましょう。())

こうなります。

ここからCPUファンを取り付けます。

力技でな。

左右に引っ掛ける部分があるので、マザーボードのCPUパーツの左右にある意味ありげな部分に引っ掛けます。

一度電源に差して起動させてみましょう。

電源ユニットから生えてるケーブルをPCケースとマザーボードに差します。PCケースへの差し方は説明書をご確認ください。

端折りましたが、画像のようになれば成功です。右端のケーブル部分は細かく分かれており、間違えやすいので気をつけてください。起動出来なかったらだいたいそれのせいです。

起動に成功したら、一旦電源ユニットを外し、マザーボードをPCケースに取り付けます。

マザーボードボードに大きめの穴があるのでそこにネジを差しPCケースに止めます。

(画像はありませんでした。ω・`))

グラフィックボード(略してグラボ)を取り付けます。

これを

こうします。(やってみてわからなかった)

流石に端折り過ぎたので解説します。

マザーボード取り付け

グラフィックボード取り付け

(の前に左側の金網を外します)

電源ユニットの電源ケーブルを差します。

(PCケースのファンにもケーブルがあるので電源ユニットのケーブルを差してあげて下さい。)

あれ、解説じゃなかった。

SSDもそれっぽい場所につけてあげて下さい。マザーボードのケーブルを差す場所は、

ここです。

あとはグラフィックボードにモニターのHDMIケーブルを差して起動してください。

マザーボードじゃないよ!グラボだよ(重要。やらかした。)このパズルのごとく嵌りそうなキャップをとって差してください。

こうなれば成功だぜ。(画像はWindow ライセンスを差した場合の画面です。最初はBIOS の設定画面になります。)

順番が入れ替わってしまいましたが、これにWindowsOSが入っているのでPCに差してインストールしてください。あとは画面の表示通りに進んでいけば大丈夫です。

お疲れ様でした。

まぐろたん

Twitter

https://mobile.twitter.com/namyu15

YouTube

https://m.youtube.com/feed/my_videos

About Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です